KOKULABO

地方創生カンファレンス INSPIRE 2016行ってきました!part2

2016年12月06日

こんにちは!荒岡です!

12/3に渋谷で行われた「INSPIRE 2016」に行ってきたので、そのレポートを載せたいと思います!

まず、このイベントは、簡単に言うとユニークなまちづくりをやっている人の講演会です。一口にまちづくりと言っても、日本の文化である”チャンバラ”や”お祭り”で地方を元気にする取り組みや、”ドローン”や”VR(バーチャルリアリティー)”のような最先端技術を活用した地方創生など、いろんな角度からアプローチされているまちづくりの事例を聞くことができました。その中のいくつかの事例を紹介していきたいと思います(^^)

1つ目は、チャンバラで地方創生に取り組んでいる米田さんです。

大阪出身の米田さんは、世界から注目される「日本」をアピールするために、大阪の「笑い」と日本の「侍・忍者」世界から注目されている「コスプレ」という要素を掛け合わせてチャンバラ合戦をはじめました。岐阜県の可児市の城跡という観光資源を有効活用するために始めたチャンバラ合戦ですが、今では社員旅行やインバウンドにも活用され、日本全国で展開してます。

img_7632

ルールはとても簡単で、スポンジの刀で腕につけたボールを落とすというもの。簡単なルールだけに老若男女楽しめます。僕たちも体験させてもらいましたが、めっちゃ楽しかったです!!

img_7687 img_7689

  (▲果敢に切りかかる山下侍)        (▲ちゃっかり入賞した山下侍)

米田さんはチャンバラ合戦が成功した要因の一つして、大阪出身で”よそ者”の自分を可児市の人達が受け入れてくれたことがあると言っていました。米田さんたちは、「可児市のまちづくりをしたい」ではなく、「チャンバラをしたいという」思いではじめたことで受け入れられたのだと思います。可児市が盛り上がったのは結果であって、チャンバラ合戦を始めた副産物であると思います。まちづくりをしようと思うは厚かましいことのなのかなと思いました。やりたいこと、やってみたいことがあり、それを実現するために現地の方に熱意を伝えて、色んな人を巻き込んでいく。そうして実現して何回か繰り返すうちに、まちが盛り上がっている。「やりたい」を実現していくことがまちづくりにつながるんだと思いました。

 

2つ目は、鯖江市の「JK課」などをプロデュースしている若新さんです。

長髪で茶髪、色付きメガネという外見に加えて「まちづくりはあやしい」というテーマで話し始めた若新さん。正直言って、うさんくささ満載でしたが、話が始まるとぐいぐい引き込まれていきました。若新さんはまちづくりには試行錯誤するプロセスが大事であると言っていました。そのために「JK課」をプロデュースしました。JK課とは鯖江市のJK=女子高生たちが中心になってアイディアを出し合ったり、地元の人達と協働しながら自分たちが楽しいと思えるまちづくりをしていくというものです。まちづくりに関する先入観がない女子高生たちがまちづくりのアイディアを発案し、大人たちは思いもよらないアイデアに対してJKと大人たちが一緒になって試行錯誤する。JKが試行錯誤するきっかけを作っているのです。

img_7673 img_7677

なぜ、まちづくりになぜ試行錯誤が大事になっているのか?人々の生活が多様化し、まちづくりに正解がなくなってきているので、試行錯誤をするなかで、自分なりのまちづくりの正解を定義することが必要だからだと解釈しました。革新的なものはもともとはあやしいものであり、どうしたらあやしいを革新的なものに帰るもの試行錯誤次第です。あやしいと思われることをやっている自覚を持つことがまちづくりをする最初の一歩で大事なんだと思いました。

 

やりたいこと・やってみたいことを実現するために試行錯誤する。何かをやった結果、まちが盛り上がっている。この2つがまちづくりにおいて大切なんだと思いました。

「とにかくやってみる」「試行錯誤を怠らない」ことを意識して残りの学生生活を送っていきたいと思います!

長文、失礼いたしました!

 

 

地方創生イノベーターカンファレンス INSPIRE 2016に行ってきました!

2016年12月06日

こんにちは!ブログ初投稿させていただきます、山下です。
なんとですね、先日、12月3日に渋谷ヒカリエで行われた「地方創生イノベーターカンファレンス INSPIRE 2016」に荒岡と二人で参加し、地方で活躍している方々のお話を聞いてきました!登壇者はとても豪華で鯖江市のJK課を作った若新雄純さんや最近メディアで頻繁に取り上げられているコピーライターの澤田智洋さん等、そうそうたる顔ぶれ。あまりに面白かったので、誰かに話を聞いてほしい!ということで今回は、この「地方創生イノベーターカンファレンス INSPIRE 2016」の報告をブログにてさせていただきます!
inspire_1098
結構長い文章になる予感がするので、最初に結論から言わせてもらいます。
今回のお話を聞いて思ったことは「地方創生」って人口減少を解決しようとか、経済発展をさせていこうとかそんな、たいそれたものではないんだなと感じました。自分が楽しいこととか、自分が何ができるのか、そのような観点からスタートしていき、地方創生とか地域活性というのは結果でしかないのかなと。なので、この場では数あるお話の中で、僕が聞いて特に面白い!と思った2テーマを簡単に紹介しようと思います。
  まず1つめは、広告代理店でコピーライターをしている澤田智洋さんです。
inspire_4350 inspire_3720
高知県のPRとして高知県って人と人との距離が近くて1つの家族だよねというコンセプトのもと「高知家」というキャッチコピーを作り、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。
面白かったのは、高知県の高齢者人口が全国2位という課題を抱えているということを逆転の発想で、それだったらおじいちゃんたちのアイドルグループを作ろうということでアイドルグループ「爺POP」を結成。今や、おじいちゃんたちに会いに県外から多くの人が来るようになったようです。
続いて、2つ目は今、話題のVRを活用して地方創生に先進的に取り組んでいる株式会社アドワールの岡本俊太郎さん。
inspire_797 inspire_9635
なんとVRを活用した、前代未聞のプレゼンをしてくれました。
VRとはVirtual Reality の略称で仮想現実のことです。最近では、家庭用ゲーム機としてplay station VRやスマートフォンにVR機能が搭載されるなど大きく注目されています。岡本さんによれば、VRの強みは大きく2つあります。
①言語を超えて、体験を共有できること
②体験を増幅できる、空間を生み出すことができるということ
この2つの強みを活用することによって、VRで地方創生に取り組むことができるのではないかということでした。
特に観光業では、ツアーやホテルの予約をする前にどのような体験ができるのかVRで確認することができたり、
遠くに住んでいる人たちに来てもらうきっかけ作りができるのではないかという
考えただけで、ワクワクしてしまうお話が繰り広げられていました。
澤田さんはコピーライター、岡本さんは映像クリエイターと
二人とも本業は地方創生とはかけ離れているんですね!ただ、本業で得た知識や技術を活用して
地方創生に取り組んでいく。別に地方の課題を解決しようという点から入ってないのが意外です。
〇〇と地方を掛け合わせたら面白いんじゃない?そういう興味関心から、地方に関わっていく。
僕たち国保ゼミ生も、よく迷走します。「どうすれば問題解決できるのだろうか?」
「どうすれば理想に近づけるのか?」それも大切ですが、自分たちのできることを活用して、
「これに取り組んだら面白いよね?」とか「ワクワクするよね?」そんなポジティブな視点を忘れずにこれからも活動を続けていきたいと思いました!
以上、長くはなりましたが「地方創生 イノベーターカンファレンス INSPIRE2016」の報告になります。
一緒に話を聞いていた荒岡も、ブログに投稿するので、そちらのほうもご覧ください。

KOKULABO Future Center再開します!!

2016年11月26日

こんにちは!6期生の荒岡です!

お休みしていたKOKULABO FCですが、11月からまた再開します!! 

これからのFuture Centerはゼミ活動を”本気でやりぬく”ための場にしていきます!

kokulabo-future-center11262

イメージはこんな感じです。

個人プロジェクトをやりぬくためには、

・学生に刺激を与えてくれる「人」に出会う

・プロジェクトを回すうえで必要な「知識」を教えてもらう

・プロジェクトを前進させる「機会」を提供してもらう

ことが必要だと考えました。その3つに出会うためにFCを運営してきたいと考えています。

また、外部からのアジェンダも今まで通り募集しています!

”何かをやりきりたい!!”という熱い想いをお持ちの方大歓迎です(^o^)

 

そのFCの第1回目を今日開催しました!

7期生が取り組んでいる個人プロジェクトを簡単に説明した後

それぞれのプロジェクトごとに分かれて相談会を行いました。

(プロジェクトのテーマはブログに載せてあります!)

dsc02623

プロジェクトを進めていくうえで、抱えていたことを参加者の皆さんに相談することができ、

終わった後、7期生の顔がすっきりしているように見えました(^^)

dsc02630

今日来てくださった方々、

場所を貸していただいた、ふじのくに未来共育センターの皆さま

ありがとうございました。

今後も国保ゼミをよろしくお願いします。

s_dsc02655

個人プロジェクト テーマ発表 第5弾

2016年11月25日

プロジェクトテーマ第5弾は、かんとくです!

私は現在、清水の庵原地区の活性化に向けた取り組みを進めています。

 

そもそも、私がこの活動に興味をもったのは、今までの経験から観光まちづくりに興味をもったことです。

前期に大分の観光まちづくりコンテストに参加し、星空を資源とした観光プランを考えました。星空をいかに差別化して魅せるのか、ということ考えることから、自然資源を活用して観光まちづくりをすることに興味を持ち、プランだけではなく実際にやってみたいと思うようになったのが、今回のプロジェクトを始めるきっかけです。

 

私が関わらせていただいている庵原地区とは、東西に東名高速道路・新東名高速道路が走っており、平成29年度には南北に中部横断道が開通予定となり、交通網が増えることによる人・モノの流れが集中することを期待しています。しかし、現状はいはらICを利用する人は少なく、せっかくの機会を活かしきれていませんでした。そこで、いはらの人々は「いはらICを目的地としてきてほしい」という想いのもと、地域コミュニティーを新しく作りだしました。地域住民主体のもと、特に庵原では柑橘類の生産が盛んな地域のため、そういった資源を活かした観光まちづくりを目指し、3回のワークショップをやるなどして、いま動き始めています。

前回からそこに私が加わり、今後の活動としては来年度以降、実際に動き出せるように、月1回のミーティングを通して計画を詰めていく予定です。

 

観光まちづくりを成功させるためにも、地域コミュニティに加わりつつ、外部からの視点をいかした意見をだしていきたいと思っています。また、私以外のいろんな視点からご意見を聞かせていただきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします!

個人プロジェクト テーマ発表 第4弾

2016年11月24日

個人プロジェクトテーマ発表第四弾は、

とやまんJAPAN こと、外山です!

 

 

私は、個人プロジェクトで、ファッション誌について研究しています(*^^*)

なぜファッション誌について研究しようと思ったのかというと、

将来の夢がファッション誌の編集者になることだからです!

どこかの校閲ガールみたいですね(笑)

 

 

 

今回は、私がファッション誌の編集者になりたいと思ったきっかけについて

お話しします(^-^)

 

私は小中高までファッション誌は買ったことがなく、小学5年生から、毎月明星(アイドル誌)を買っていました。

しかし、大学受験をきっかけにアイドル誌を買うことは無くなり、雑誌自体を買うことはなくなりました。(いわゆるオタ卒です)(笑)

 

その後、大学に入学して、半年くらいたった頃、

私はなんとなく本屋に入ってなんとなく一つの雑誌を買いました。

 

その雑誌は2014年10月23日発売の『JJ』12月号です。

中身はいっさい見ずに表紙だけ見て買いました。

家に帰って中身を見てみると、それまでオシャレとかファッションとか全然興味がなかった自分にとって雑誌の中のモデルさんや洋服は衝撃的で、見ているだけでワクワクして幸せだったのを覚えています。

 

その後、いろんな雑誌を集めるようになっていくうちに、本屋さんで中身を見比べて毎月2〜3冊の雑誌を買って帰るという雑誌の買い方が定着しました。

その頃から夜寝る前に、買った雑誌を家で読むことが楽しみであり、習慣になっていました。

 

 

 

そして、去年の今頃、ゼミ選択の時に、

ゼミでは自分の将来につながるような経験がしたいと思い、まず、自分は将来何をやりたいのか、と考えました。

そこで、パッと浮かんだのが、雑誌の存在で、雑誌を作ることができたら毎日楽しいだろうなと思いました。

 

これが私が編集者になりたいと思ったきっかけです。

 

 

 

 

 

 

 

私はこの夢のためになるような活動を

個人プロジェクトにしたいと思っています!

後期になってからは

女子大生のファッション誌に対する意識調査のアンケートを

行い、集計しました。

 

今はまだ研究しかしていないのですが

今後、実際に何かアクションを起こしたいです。

アクションの内容はまだ何も決まっていないので、

どなたかアドバイスを頂けると助かります(笑)

 

後期は一人で活動をしていくので不安でいっぱいなのですが、

精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します!(^^)!

 

個人プロジェクト テーマ発表 第三弾 横山梨

2016年11月15日

個人プロジェクトテーマ発表第三弾は、よっことあーさーです(*^^)v(^^*)

ちなみに、チーム名は横山梨です♪(横山×山梨)

私たちは、女子大学生ならではの視点で、静岡市内の セティボン? というケーキ屋さんの、デコレーションケーキ販売促進プロジェクトに取り組んでいます。

 

このプロジェクトに取り組むことになった経緯について説明します!

後期の個人プロジェクトを通して、自信をつけたいという思いがあり、そのためには、何かを全力でやりきること・新しいフィールドで挑戦することが必要であると考えました。

また、柔軟に物事を考えられるようになりたい、という思いもあり、二人とも高校時代から興味があった商品企画に取り組みたいと思いました。

そこで、縁あって国保先生からセティボン?さんをご紹介いただき、二人で企画に携わらせていただくことになりました。

 

企業さんと共に取り組むことは、大きな責任が伴います。

また、過程だけではなく成果を出さなければいけません。

そのことを十分理解し、全力でこのプロジェクトに取り組みたいと思っています!

 

また、二人ともケーキが大好きなので、張り切ってやる気満々です(●^o^●)

しかし、マーケティングや商品開発の知識は、まだまだ勉強中ですので、皆様ぜひ、ご指導ご協力をよろしくお願いします!

 

 

image1

セティボン?さんがマルイに出店したスイーツです♥♥♥


img_1838

大分にも二人で行っていました✌

“働く女性”を考える

2016年11月10日

プロジェクトテーマ発表第二弾は、なっちゃんとジョバンニです!

 

私たちは、働く女性を対象とした研究を行っています。

具体的には、家庭と仕事を両立していくためにどの様な働き方をしているのか、 何に困っているのかといった働く女性のニーズを調査し、 本構内に開所された多目的保育支援施設の発展のための提案を考えています。

また、働く女性へのヒアリングを通して、今後社会にどのようなサービスが必要なのかを探ります。 なぜ、このテーマに取り組むのか、というのはそれぞれ説明していきます!!

 

【なっちゃん】

私は、夏合宿のビジョンミーティングを通じて、なりたい30歳(仕事と育児を両立するかっこいいお母さん)とこのままの30歳(仕事に集中しすぎて結婚もできていない)のギャップがあることに気付きました。 なぜこのギャップが生まれてしまうのかを考えると、結婚・出産といった負担がのしかかってきたときに、仕事と両立できる自信や仕方がわからないからだと気づきました。 したがって、後期のプロジェクトは、実際に両立をしている方にお話しを聞けるようなものに取り組みたいと考えました。

 

【ジョバンニ】

私は、卒業後、中国語を生かした職業に就きたいです。そのためには、中国語以外の自分の強みを認識する必要があると考えました。また、現在の私は、他人の意見に左右されやすく、自分の意見を発することと貫くことが苦手です。後期の個人プロジェクトを経て、私は自分の強み発見と弱み克服を目標にしたいです。 働く女性に焦点をおいたのは、中国と日本の意識の違いに興味を持ったからです。中国では、結婚や出産を理由に離職する考えがなく、更に仕事と家庭の両立も困難ではありません。なぜ、日本は両立が難しいのか、その疑問を解くために、実際に両立をしている女性にヒアリング調査をし、答えを探したいと思いました。

 

img_9950

 

後期は、この2人で挑戦していきますので、働く女性の方々にご協力いただきたいです!!

この研究の先はまだ模索中なので、アドバイスよろしくお願いします!!(^^)!

個人プロジェクト テーマ発表 第一弾

2016年11月01日

【まちづくりの事例を北九州に学ぶ】

プロジェクトテーマ発表第一弾は、にしむとあっちゃんです!

僕たちは北九州のまちづくりの成功事例を研究し、それを静岡のまちづくりに活かすプロジェクトを行っています。 なぜこのプロジェクトに取り組むことになったのかそれぞれ説明していきます。

 

  【にしむ】

皆さんお気づきでしょうか。7期生で私だけ前期の振り返りがないことに・・・ 前期に私は空き家の再利用について調査をしていました。その知識を実際のまちづくりに活かす計画をしていました。しかし様々な事情があり、計画が進まなくなってしまいました。そのため他の7期生のようにご報告できるものがありませんでした。 ですがこのまませっかく勉強したことを無駄にしてしまうにはもったいないと考えました。そう考えていたところに国保先生から清水のまちづくりに協力してみないかというおお話をいただきました。そこでは空き家の再利用についての問題も挙がっていたため、私の勉強したことを活かせるのではないかと思いました。そしてそこに取り組むにあたって、前期に私がやってきたことはインターネットや書籍による調査ばかりだったのでまちづくりの現場をこの目で見たいと考え、まちづくりの成功事例の一つである北九州に訪問することになりました。 そもそもなぜまちづくりかというと、もともとまちづくりに興味があり、そのまちづくりの現場を実際に見る機会ができたからです。まちづくりを通じて人とのつながり方やプランの設計の方法などを学んでいきたいと思います。 2人でやることにした理由は前期では一人で行動していたため、チームで進めていく経験をしたいと考えたからです。

 

【あっちゃん】

私は、夏合宿の10年後の未来を考えるミーティングを通じて、自分には自信がなく、ネガティブに悪い方向に考えてしまう弱みを改めて実感しました。そのため、個人プロジェクトを終えたあとには、自信を持ち、ポジティブに考えられるようになっていたいと考えました。 まちづくりのプロジェクトをやろうと思ったきっかけは、FCや渋谷WSや夏休みのインターンシップです。このような経験から、まちづくりは行政だけが行うわけではなく、民間企業などが行う場合もあり、様々な方向性からまちづくりができるということがわかりました。そこで、何かまちづくりに関わる方向性のプロジェクトをしたいと考えながら後期最初のゼミにのぞんだところ、国保先生がにしむに北九州について紹介していることをきいて、これを一緒に取り組みたいと感じ、まちづくりに関する共同プロジェクトを行うことになりました。 2人でプロジェクトを行うことにした理由は、お互いの強みと弱みが異なるため、高い成果がだせるのではないかということ、また、考え方が違うため、一つの物事に対して違う視点で見ることができるというメリットがあると考えたからです。

 

北九州以外にもまちづくりの事例を調べていきたいと考えているので、まちづくりに関わっている方々にご協力お願いしたいです。

また、研究後のまちづくりへの還元の方法は現在模索中ですので皆様のご意見・ご協力をお待ちしております!よろしくお願いします!

前期チームプロジェクト活動報告 いわしんチーム

2016年10月31日

こんにちは!前期活動報告第2弾は、いわしんチームです。   私達は、地域活性化をテーマに磐田信用金庫さんのビジネスプランコンテストに応募しました。地域活性化の中でも、なぜ静岡県西部地域の中国人インバウンド問題に焦点を当てたかというと、まずあっちゃんととやまんが西部地域出身ということ、ジョバンニが中国人留学生であるという強みがあったからです。   私達の事業案は、「空き家を利用した、集落型体験観光施設」です。下記の図はイメージ図です。 %ef%bc%91   集落内には、写真ギャラリーの家、食の家、歴史の家、もの作りの家があります。写真ギャラリーの家がこの集落の入り口です。それぞれの家には、西部地域の体験観光を行っている方から応募を募り、出店していただき、内容は季節ごとに変更するため日本の四季ごとの体験を楽しむことができるプランです。   また、訪日観光客作りには持続的なサイクルがあります。私達のプランは、このサイクルに焦点をあてました。このサイクルは、消費者の行動心理のプロセスを示す理論の一つのAISASモデルでも表すことができます。 %ef%bc%92 訪日観光客作りの持続的なサイクルとAISASモデルを組み合わせたものが上記の図です。このサイクルができることで、持続的に中国人観光客を誘致できると考えました。   最初に自分たちで日本国内、静岡県内の中国人インバウンド問題について調べいくつかの仮説を立てました。その仮説を検証するためにいくつかのヒアリング調査を行いました。まず静岡空港へ出向いてアンケート調査を行いました。実際に中国語のアンケート用紙を作成し、上海便利用客の中の個別手配で訪日した中国人の方々にアンケート調査を行いました。他にも県の観光協会や県庁の観光振興課、観光業を営んでいる方などへのヒアリング調査を行うことによって、中国人インバウンド問題の深掘りをし、中国人旅行者の動向を分析することができました。 西部地域出身者の視点と留学生の視点で事業内容を考えることで、地元の人と観光客の両方のニーズを満たす事業案ができあがったと思います。   結果は、第二次審査まで進むことができたのですが、残念ながら最終審査には進むことができませんでした。 この失敗経験は無駄にせず、今後の個人プロジェクトなどの活動に取り組んでいきます。   また、私たち3人は、「未来の渋谷の可能性を広げる ~”かも”づくりフューチャーセッション~」という渋谷のまちづくりのワークショップにも参加しています。 %ef%bc%93 静岡ではない地域の方々と交流でき、多くの刺激をもらっています。後期にあと3回ワークショップに参加するので、多くのことを学び、つながりを大切に活動していこうと思います。 %ef%bc%94 今後もよろしくお願いします!