KOKULABO

FC0728 [エステ革命 ~これからのエステを考える~]

2018年07月28日

2018年07月28日

 

こんにちは!!

国保ゼミ8期生のベジです。

いよいよ夏本番の季節になってきました。

猛暑が続いておりますので

熱中症にはお気をつけてお過ごしください!!

 

さて、本日7月28日に行われたFC「エステ革命」についてご報告いたします。

 

今回のFCではエステをたくさんの人に知ってほしい、考え方を改めて欲しいというアジェンダオーナーの小沼さんからアジェンダを頂きました。

小沼さんのエステに対する想いを基にセッションを組み立て、参加者一同でエステに対して取り組みました!

今回のFCで初めて参加となる小沼さんを含め、対話を円滑に行うためにアイスブレイクとして「自己紹介・今年の夏やりたいこと。今の気持ち」を各々発表しました。

加えて、各参加者がテンションを上げたいとき、それはどんな時なのか、その時何を行うのかについても発表しました。「エナジードリンクを飲む」「爆音でドライブする」

「いつもより丁寧に化粧をする」といったたくさんのユニークな意見が活発に出ました。

 

また自己紹介を終えた後、今回のアジェンダである「エステ」に対してぶっちゃけどう思っているのか、どう感じているのかを各グループで対話しました。

アイスブレイクで場の雰囲気が話しやすいものとなっていたので、「エステ」に対する対話も大変盛り上がりました。「高い」「女性」「芸能人御用達」「非日常」といった「エステ」にいったことがある人やいったことのない人から様々なイメージが創出されました。今回のグループ分けは、「男性のみ」「女性のみ」「男女混合」の3グループに編成しており、対話の内容もそれぞれ異なった特徴がありました。またグループ内でもエステに行ったことのある人、ない人が混在しており多様性がありました。

 

続いてセッションでは「エステ革命」では3つのステップを踏み、最終的に各グループが発表を行いました。

まず初めに「エステ」の新しい位置づけに対して考えました。現状、エステが肌のトラブルや心のメンタルケアを行う時に選択肢として上がらないこともあり、「エステ」がどのような位置づけであれば社会の中で役割が果たせるのかについて対話をしました。学生や社会人、職場、家庭といった中で「第3の場」の機能を果たすことが「エステ」でできることではないか、という意見が多くみられました。中には「ちょっと大人の保健室」といったユニークな意見も出て、場が非常に盛り上がりました。

次に「エステ」に変わる新しい名前に付いて対話を行いました。「エステ」という言葉がそもそも「エステ」のハードルを上げているのではないかという考えの下、親しみやすいワードを考え始めましたが、なかなか難しく、意見が行き詰ってしまう場面が見られました。行き詰った時に、そもそも「エステ」に対する想い、考えに立ち戻ることで状況を打破し、対話を進めることが出来ました。

最後に、新しい「エステ」をどうやって対象者にアプローチすればいいのかについて考えました。

今回の対象者が20台の女性といことを踏まえて、各グループが紙芝居プレゼンテーションの形式で発表を行いました。

個性豊な発表内容で、場が日所に盛り上がり、終始笑顔が絶えないFCとなりました。

 

今回のFCで前期が終了となります。

後期も引き続きFCを開催していきますので、これからもKOKULABO  FCをよろしくお願い致します。

 

今後のFCの予定は

10月6日にKOKULABO 7周年パーティを予定しております。

日時や内容については随時連絡いたしますので、もしご都合が合うようでしたらぜひいらしてください!お持ちしております!!

FC0702 「これからの大学を考えよう」

2018年07月09日

こんにちは!

国保ゼミ8期生のゆっきーです。

7月に入り、いよいよ本格的に夏が始まりましたね!

ゼミ生は、もうすぐ夏休み!と、早くも夏の計画を立てています。

特に四年生は、人生最後の大型の休み…ワクワクが隠し切れません!!!

 

さて、7月2日に行われたFC「これからの大学を考えよう」について報告させていただきます。

今回は、通常のFCとは異なり、今回のFCは、8期生ゆっきー(澤田祐希)・ぼーん(望月花帆)・おののん(小野航汰)が3年生前期のチームプロジェクトで考案し、実現したものです。

静岡県立大学内の、職員・教員・学生が話し合う機会が少ないことで、お互いの知らない所で不満が生まれているのではないかという問題意識から、平等な立場で大学の課題について話し合い、未来志向の対話を通じて解決策を探る場として今回のFCを企画しました。

第一回として、今回は男女共同参画推進センターさんより持ち込んで頂いた「多目的保育支援施設の認知向上のきっかけと利用アイディア」について、参加者自身のライフコースと絡めながら進めていきました。

開始直後はお互いに緊張している様子でしたが、初めに行った妄想ワーク「もし好きな人と結婚しているとしたら…?」は、想像以上の盛り上がりでした!

アラブの石油王や、憧れの歌手やスポーツ選手など、大好きな人を発表していただき、他の参加者から「出会いはいつ?」「プロポーズの言葉は?」と記者会見のように質問されるワークです。

皆さま、照れながらも生き生きと会話されていることが印象的でした。

中にはもう一度今の奥様と結婚したい!という素敵な意見もありましたよ!

 

場が和んできたところでセッション①「10年後の自己紹介」に移りました。

ワークシートを用いて、未来の自分の理想の姿を描いて頂きました。

家族は何人?結婚はしてる?仕事は何をしている?といった、最低限の質問以外は白紙の自由度の高いワークシートで、一人ひとりの個性あふれる自己紹介が行われました。

自己紹介で発表された内容を基に、それぞれが何を大切にしているかを言語化してみると、世代が変わっても似ている部分が多く見受けられました。

趣味を大切にした生活や、夢を追いかける生活、家庭を大切にする生活などが挙げられる中で、それぞれのバランスをどう取ったらいいのか?という疑問が生まれつつ、セッション①が終了しました。

セッション②では、①で考えた生活の中で大切にしていることを大切にし続けるために大学が担うことが出来る役割と、多目的保育支援施設の利用方法について考えました。

大学生が講義を受ける事以外にも、もっともっと”開かれた大学生”

夢を追いかける人が、共通の趣味や特技で集うことができる「夢を実現する大学」。

趣味に生きる大学生が、保育支援施設でのアルバイトで趣味に使うためのお金を稼げる「お金が稼げる大学」。

など、多様な世代ならではの枠にとらわれないアイディアが多く出ました。

様々な立場の人と話す機会が新しい発見をもたらしたり、ワクワクにつながったように感じます。

最後の気づきの共有の時間にも、「色々な立場」「交流」「未来を語る」「楽しい」などのキーワードが出てきました。

参加者にとって、少しでも大学の課題が身近になり、当事者意識の醸成につながるといいなと思います。

これからのFCの予定は、

7月21日(土) 13:00~ 8期生卒業論文テーマ発表会

7月28日(土) 10:00~ FC

の開催が決定しています。

まだまだ参加者を募集しておりますので、ぜひお越しください!

FC 0625 「もしドラ!~もしも、ドライブ好きがこうじて車屋さんになったら~」

2018年06月25日

こんにちは!

国保ゼミ8期生のぼーんです。

天気が安定せず、昨日とは打って変わってとても気持ちのいい天気ですね!

クーラーの効いた室内との温度差にびっくりしますが、夏に向け体調管理には気をつけていきたいです。

 

さて先日行われた、6月23日(土)のFC「もしドラ!~もしも、ドライブ好きがこうじて車屋さんになったら~」について報告させていただきます!

今回は、車販売だけでなく様々なイベントをしている静岡トヨペット様から、より多くの人にイベント等に参加してもらうための広報をするにはどうしたらいいのだろうか、というアジェンダを持ちこんでいただきました。

 

まずは自分が実際に行った・行ってみたいと思うイベントとはどんなものなのかを考え、次にその要素も取り入れながら、自分が広報部長になったら既存のイベントに「行ってみたい」と思ってもらうための広報戦略を考え、発表しました。

セッション①では、自分の「楽しかったイベント」「つまらなかったイベント」「これから行ってみたいイベント」についてワールドカフェ形式で話し合い、なぜそう思ったのか、そのイベントにはどんな要素があるのかについて考えました。少し難しいかと思っていましたが、どのテーマもたくさんのイベントが出ており、初めて聞くようなイベントから共通するようなイベントまで様々なものがありました。

その後、各テーマで出た内容を見て、どのテーマで出た要素を使いたいかで3つのグループに分かれていただきました。

 

セッション②では、「ドライブ好きがこうじて車屋さんの広報部長になったら」という設定で、グループ後ごとその企業の事業のコンセプトと広報方法について考えていきました。コンサートや宝探し、餅つき大会など実際に行われている車販売とは一見繋がりのなさそうなイベントについて、なぜそのイベントを車屋さんがしているのかを考えながら、企業のコンセプトを考えていきました。その後、実際に各イベントを広報するにはどんな手段があるのかを広報カードから選び、どんな方法や内容にするか戦略を立てました。

どのグループも与えられたイベントカードは同じものでしたが、「クルマに乗らないけど楽しめる」「思い出を生み出すクルマ屋さん」「地域の人たちと楽しいを共有できる、大事な人との思い出作り」など、グループごとに異なるコンセプトが出来上がりました。また、広報戦略も回覧板を回す、紹介で体験できるようにする、HP上に思い出アルバムを作り思い出が残るようにするなど様々な方法がたくさんありました。

実際に自分が広報部長になったらという設定で、既にあるイベントの広報を考えていきましたが、どうしたら来てもらえるのかという視点だけでなく、自分が行きたいと思ったのはどんな時だったのかという消費者視点に意識して時々戻ることが大切だな、と思いました。他にも、「クルマに乗って旅行に行きたくなった」「人に教えたくなるということをキーワードにできそう」「クルマは人だけでなく思い出も乗せる!」という気づきがありました。

実際に広報担当になった時に使えることだけでなく、普段から友達を新しく誘うときにどんなことに意識したらいいかを考えることができました。

これからのFCの予定は、

7月28日(土) 10:00~ FC

の開催が決定しております。

また、7月21日(土)には 

国保ゼミ8期生卒論テーマ発表会

も開催いたします。

ぜひ皆様のご参加お待ちしております!

FC 0609 「シュミレーションゲームを作ろう!~地域の未来編~」

2018年06月09日

こんにちは!

国保ゼミ8期生のゆっきーです。

東海地方の梅雨入りが発表されましたが、今日は晴れ晴れとしていて日差しがとても暑かったですね…

そろそろ長袖の洋服とも本格的にさよならする時期でしょうか!

 

さて、本日6月9日(土)に開催されたFC「シュミレーションゲームを作ろう!~地域の未来編~」について報告させていただきます!

今回は、自治体の財源運営を体感できるシュミレーションゲーム『SIM2030』をもっと様々な人に体験して欲しい!というアジェンダオーナーさんの想いのもと、参加者の方と一緒に実際にオリジナルSIMを作っていただきました。

自治体の施策について、『もっと○○ならいいのに…』『あの事業をもっと大きくしてほしい!』と思ったことはありませんか?

もしくは、そもそも自分の住んでいる市や県がどのような施策を行っているかもよく知らない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

限られた財源の中で、様々な要望に応え、未来を見据えた事業選択をしていかなければならない、という自治体の財源運営をゲーム形式で気軽に体感できる『SIM2030』を、現在の運営主体である公務員の方以外の様々な立場の方と共に、良い点を伸ばし新たな点を加えていきました。

今回は、セッション①『What is SIM?』、セッション②『シュミレーションゲームを作ろう!』の2つに分け、進めていきました。

セッション①では、ゲームを作るための基礎知識を得るために、アジェンダオーナーさんから通常のSIMの流れや目的についてお話していただきました。

そして、お話を聞いた感想・疑問点・意見を出して頂きました。

セッション②に入ると、いよいよシュミレーションゲーム作りに移ります。

セッション①で感じた疑問点や意見を基に、わたしならこうする!というようなアイディアを出し、企画書にまとめて発表してもらいました。

グループによって着目する点が全く違い、それぞれのチームの個性が発揮された企画書となりました。

様々な所属・年齢の方が集まって対話するFCならではの意見の多様性で、アジェンダオーナーさんからは『作る側だからこそ、どうしても”こうあるべき”と考えていたことに気付いた。視野が広がった。』とおっしゃっていただけました。

その他にも、『実際にSIMに行ってみたい!』という声なども聞こえ、SIMという存在が広がったことにも繋がりました。

これからのFCの予定は、

6月18日(月) 18:30- KOKULABO OPEN勉強会 

6月23日(土) 10:00- FC

7月28日(土) 10:00- FC

の開催が決定しています。

ぜひぜひご参加お待ちしております!

FC 0604「9期生大相談会~これからの地域の話をしよう。~」

2018年06月08日

こんにちは!

国保ゼミ8期生のちあちゃんです。

 

梅雨に入りジメジメした日が続きますね。

8期生は大学生最後の夏を楽しむため「この夏やりたいリスト」を考えています(笑)

 

さて先日行われた、6月4日(月)のFC「9期生大相談会~これからの地域の話をしよう。~」について報告させていただきます。

国保ゼミでは、3年生の前期にチームプロジェクトに取り組んでいます。今回はそんな3年生(9期生)のチームプロジェクトから、「地域・まちづくりチーム」であるアスカ・ゆずっきー・もりりんがアジェンダを持ちこんでくれました。

テーマは「これからの地域の話をしよう。」です!まちづくりや市民活動に「なんで関わりたいと思うのか」「何を大切にしたいのか」を明確にさせることがゴールでした。

まず「最近イライラ・モヤモヤしたこと、ハマってる・やりたいこと」についてセッションしました。仕事のこと、家族のこと、ゼミ活動のこと、趣味のことなど最近感じたことをブレストしました。いきなりまちのことを考えるのは難しいため、まずは自分の周りの身近なことから考えていきます。

次は、1回目のセッションで出た意見をもとにしながら、「私たちのマニフェストを考えよう!」をテーマにセッションしました。やりたいことを促進するようなマニフェスト、モヤモヤしていることを改善するマニフェストなど自分たちの想いを理想のまちに詰め込んでいきます。おののんチームでは「好きにいっぱい出会えるまち」をスローガンにし、移動楽ラクcity計画や爆笑電車など、自分たちの好きなことがまちに溢れる姿を描いていました。るっきーチームでは「歩いて行くまち」をスローガンにし、くつ無料プレゼントや歩いて貯めたポイントで立ち飲みができるなど、歩くことで生まれるコミュニティやつながりを大切にしたまちが描かれました。

気づきの共有では、「好きなことや自分がおもしろいと思うことや人を大切にしていきたい」「自分の”ワクワク感”を大切にしたい」「住んでる人々の想いや気持ちを大切にしたい」など、セッションを通して自分が生活するまちで大切にしたいことが見えてきました。

 

これからのFCの予定は

6月18日(月) 18:30~ KOKULABO OPEN勉強会③

6月23日(土) 10:00~ FC

7月2日(月) 18:30~ FC

の開催が決定しています。

ぜひぜひご参加お待ちしております!

FC 0512「☆KOKULABO式☆アイディアメソッド」

2018年05月12日

こんにちは!

国保ゼミ8期生のちあちゃんです。

 

だんだん夏が近づいてきたようなあたたかな日が続いてますね(^v^)

 

さて、本日5月12日(土)に開催されたFC「☆KOKULABO式☆アイディアメソッド」について報告させていただきます。

今回は、「旅」をテーマに自分の体験を深掘って考えることで、自分にとってグッとくるポイントや、自分が大切にしている価値観をいっしょに探すことに着目しました。

みなさんもビジネスで何か企画を出さなければいけないというときに、ついつい生産者目線になってしまうことはありませんか?そんな生産者目線やビジネス脳を脱し、ひとりの生活者として考えることで、価値観の本質を捉え、ビジネスのアイディアになるような種の作り方を学ぶことをテーマとしました。

 

今回はワールドカフェ形式で、2回のターンを行いました。ワールドカフェという手法を取ることで、様々な人と対話することができ、より多くの人の考えや想いを知ることができます。

「あなたが印象に残っている旅は?」というテーマで一人の人が話し、周りの人がそれに対したくさん質問をしていきました。「なんで○○に行こうと思ったの?」「旅行に行く前と行った後ではどんな風に気持ちが変わったの?」「その旅の中でもっとも印象に残ってることは?」などと、方法論だけになることなく”そもそも”と一歩引いて深く考えることで、自分が旅にどんな価値を求めているのか見えてきました。

 

2回のワールドカフェを終えて、また最初のテーブルに戻ってきたところで、振り返りをしました。

「あなたにとって旅とは?」を話し合い、自分が旅のどんなところに価値をおいているのか、お互いにキャッチコピーを付け合いました。「気持ちいいペースで実際実物を気持ちよく感じて共有する」「人生のスパイス」「仮説検証」「食を楽しむ」「頑張ったね会」など、人それぞれ旅において大切にしていることは違うことが分かりました。

 

 

自分が旅のどんなところに価値を置いているのかよく聞いて、よく考えて、よく話したことで得られた学びを抽出していきました。

「一人ではなく誰かと考えることで自分では思いつかなかったアイディアを得られる」、「自分の好みは意外と自分では気付けない」、「誰かと話すことで自分の当たり前が崩されて視野が広がる」などの声がありました。一人の生活者として、様々な人と深く話すことで、自分だけでは気付けなかったアイディアを考えることができると気付かされました。

 

 

これからのFCの予定は

5月21日(月) 18:30~ KOKULABO OPEN勉強会②

5月26日(土) 10:00~ FC

6月4日(月) 18:30~ FC

の開催が決定しています。

ぜひぜひご参加お待ちしております!

 

FC0507 「シニア世代と若者が活き活き活躍するまちづくりとは」

2018年05月09日

こんにちは!

国保ゼミ8期生ともちんともちんこと建入智望です。

 

ゴールデンウイークがあけいかがお過ごしでしょうか?

 さて、57日に開催されたFCの様子について報告させて頂きます。

今回のアジェンダは「シニア世代と若者が活き活き活躍するまちづくりとは?」でした。

 今回はアジェンダの内容もあり、20代から80代の方まで幅広い年代の方々に参加していただけました。

 

セッション①では誰もが暮らしやすい街を創造しました。将来、住みたい理想の街を自由に描いてもらいました。こんな街がいい!こんなことをしてみたい!と参加者の皆さん楽しそうにセッションしていました。どのグループも様々な世代の人たちと関わっていたいという意見が出ていました。

 

 

セッション②ではセッション①で考えた理想の街をもとに「モノ」「ヒト」「コト」「その他」に分類し、その理想の街の実現のために明日から自分が出来ることを考えました。人との繋がりを大切にしたいと感じる方が多く、「明日から外で会う人にあいさつをする!」「今日会った人との関わりを継続させる!」「今日会った人とFacebookでつながる!」など一期一会を大切にする前向きな意見がたくさん出ました!

 

 


今回のFCは過去最高に幅広い年代の方々が参加してくださり、より多様性あふれるセッションができました。今後のFCも様々な人に参加していただけるような魅了的なものにできるように頑張っていきたいと思います!

 

 

次回のFC512日です!まだまだ参加者募集しております。お待ちしております!

9期生紹介

2018年05月05日

みなさんこんにちは!

8期生のぼーんです!

GWも終盤に差し掛かってきてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、4月から国保ゼミに8人が仲間入りしました!

今回は、新しく仲間入りした9期生の紹介と、意気込みを発表したいと思います!

 

〇まりりん(諸星桃夏)

周りをまとめてくれるしっかり者!だけどノリもよくて笑いのために吹っ切れるおもしろさもピカイチ!写真の撮られ方のうまさは、本家のマリリンモンローもびっくりのクオリティ(笑)期待の9期ゼミ長です(*^ω^*)

【意気込み】

国保ゼミでは、今の自分が興味を抱いていることに全力で取り組めると思い志望しました。さらにここでしかできない学びを身につけ、自分の質を高めたいと思います。これからの活動では何事にも挑戦し、たくさんの経験を積み、そこから学習することで充実した大学生活にしたいです。

 

〇ゆずっきー(鈴木優花)

抜群のスタイルと思わず触りたくなるような綺麗な髪の持ち主ゆずっきー!アジアンビューティーで一見クールに見えますが、笑うととってもチャーミングです(**

【意気込み】

学生生活の中で組織の難しさを感じ、組織について学ぶことで今後の社会生活に役立てていきたいと思い、国保ゼミを選びました。人との出会いを大切にして多くの事に挑戦をし、卒業する時に達成感を味わえるようなゼミ活動にしていきたいです。

 

〇アスカ(小池祥太)

寡黙で温厚な逆ハーレムな環境ながらも、果敢に適応している彼。もちろん盛り上がりにも馴染めるオールラウンダー!是非だる絡みしてください!

【意気込み】

今の自分に足りない部分、学びたいことを学べたいゼミを考えた時に国保ゼミを選びました。ゼミ活動では失敗を恐れずいろいろ挑戦したいと思っています。積極的にいろいろな考えを吸収し自分を成長させたいと思います。

 

〇サンド(鈴木綾花)

護身術の経験からサンドバッグを元に命名された彼女の名前はサンドです!

アカペラサークルに所属しておりしっかり者だけど意外とノリがいい!喋り出すと止まらない、大きなポテンシャルを秘める逸材です!

【意気込み】

学生生活の中でまとめ役になることが多かったことから、組織や人との関わりについて悩み考えることが多く、自らの関心や問題意識がそこにあると気づきました。その解決に全力で取り組める最善の場所だと思い、国保ゼミを選びました。

自分に負けないよう、失敗を恐れず前向きな気持ちで課題に挑んでいきたいです。

 

〇ちょど(石井春奈)

チョコレートとドライブが大好きな彼女のあだ名は…『チョド』!

いつもハキハキと元気で、優しい笑顔が特徴的な彼女ですが、地元静岡に対する熱い想いを持って国保ゼミに入ってきてくれました!

【意気込み】

私は大学生活を通して、地元静岡の発展に貢献する機会が欲しいと思っていました。その中で、学外の方との交流も多く、プロジェクトに全力で取り組む環境が整っているところに魅力を感じ、国保ゼミを希望しました。何事にも積極的に挑戦していくことで、一つでも多くのことを経験し、大きく成長していきたいです。

 

〇みーちゃん(松村美里)

一見落ち着いててクールだけど実はAAAが大好きというかわいい一面を持つみーちゃん! 

ゼミ活動に熱い目標をもったみーちゃんの今後の活躍に期待です!

【意気込み】

残りの大学生活を充実したものにしたいということと、ゼミ活動を通して今の自分を変えたいという思いから、その環境が整っている国保ゼミに決めました。

これからのゼミの活動では挑戦するという気持ちを忘れず、取り組んでいきたいと思います。

 

〇もりりん(森あおい)

森の妖精!もりもりもりりんこと、森あおいちゃん!

あだ名の由来は、ぽむぽむぷりんが好きなところからです!

名前の通り、ゆるふわ天然でとっても可愛いもりもりもりりん。おしゃれガールで9期生唯一のショートカット

【意気込み】

これまでの学生生活から組織を学ぶ大切さを知り、国保ゼミで組織論を実践を通じて学びたいと思いました。ゼミという社会に出る前の大切な時間を、納得のできるものにする為にも自ら学ぶ姿勢を大事にし、多くのことに挑戦していきたいです。

 

〇まゆべぇ(水野真由)

呼んだら笑顔でダッシュして駆け寄るおてんばダンサー・まゆゆ  

かわいらしい雰囲気からの鋭い一言で的を得た意見を言え、ダンスになると情熱を燃やす一面がある両刀使いのエネルギッシュガールですヽ(^○^)

【意気込み】

部活動や学校生活の経験の中で、組織に対して難しさや面白さを感じ、組織論に興味を持ちました。プロジェクトを通して実践から理論を学ぶことで今後の組織に活かしたいと思い国保ゼミを選びました。社会人の方々と多く関わる機会を活かし、様々な観点から物事を捉えた上で、ゼミの活動に全力で挑戦し自分の成長に繋げたいです。

 

 

以上の8人が9期生です!

紹介文は8期生それぞれの独断と偏見で紹介していますので

ぜひ実際にFCなどでどんな子たちなのか見てみてください!!

 

新しく8人を加えた計16名で国保ゼミとして頑張っていきますので、これからもご指導、ご支援よろしくお願いいたします。

 

 

次回のFCは5月7日(月)18:30~です!

こちらは定員に達したため参加者の募集を締め切っています。ありがとうございます!

 

これからのFCの予定は

5月12日(土) 10:00~ FC

5月21日(月) 18:30~ KOKULABO OPEN勉強会②

5月26日(土) 10:00~ FC

の開催が決定しております。

ゼミ生一同、ご参加お待ちしております!

 

 

FC 0428 「君のモチベーションを知りてーしょん!」

2018年04月30日

こんにちは。

国保ゼミ4年のるっきーこと大石遥輝です。

新年度が始まり、早いもので1か月が経ちますね。新しい代になりましたが、まだFCをやるにもドキドキしています。

本日は4月28日(土)に開催されたFC「君のモチベーションを知りてーしょん!」について書いていきます。

今回は個人のモチベーションとそれをどう組織の力に変えていくのかという部分に着目した内容でした。

みなさんも会社や部活、サークルなど様々な組織に所属をしていると思います。また、その中でメンバーのモチベーションの源は何なのか?どうしたらもっと組織とメンバーの双方が良くなるのか?考えたことはありませんか。今回はそんな悩みをテーマにしました。

まず、セッション①では「人は何をモチベーションにするのか」をテーマに自分の所属している(いた)組織・コミュニティの中から1つ選びモチベーショングラフを書いてもらい共有しました。グループで共有した後は、自分がどうしてその組織を続けて来れたのか、どんなことにモチベーションを感じていたのかブレストを行いました。みなさん高校生から社会人まで様々な経験を持った方がいましたが、意見をグループ分けしていくと共感できることから個性的なことまで多くの意見が見られました。

セッション②では「モチベーションが上がると個人は組織にどんな役割を果たせるのか」をテーマにセッション①で出た意見の中からアジェンダオーナーが選んだ3つの意見を○○君などと仮定して行いました。モチベーションを上げるためのアプローチからその後、どう行動して組織の力になるだろうか考え、最後に各グループで発表しました。セッション②もとても盛り上がり、こんな子いる!やこんな子なら組織にほしい!という声も聞こえてきました。

今回のFCでは○○くんといったペルソナを作ったことで参加者の方にも自分ごととして考えてもらえたのではないかと思います。僕自身もバイトやサークルでテーマのような経験があったので、興味深かったです。参加者のみなさんに今後も楽しく、自分ごととして考え、得た気づきなどを持って帰ってもらえる場にFCがなってくれると良いなと思いました。

今後のFCは以下の通りです。GW明けぜひお越しください。
ゼミ生一同お待ちしております。
5月7日(月)18:30~
5月12日(土)10:00~

 

第1回KOKULABO OPEN勉強会を開催しました!

2018年04月18日

みなさん、こんにちは!

国保ゼミ8期生のぼーんこと望月花帆です。

すっかり春の陽気ですが、日が暮れると少し肌寒さが残っていて着る上着に悩んでいる今日この頃です。

 

さて、4月16日㈪に開催された「第1回KOKULABO OPEN勉強会」の様子について報告させていただきます。

今年度より、ファシリテーションなどFC運営に必要なスキルを参加者の皆さんと考え、学んでいくための場としてOPEN勉強会を行なっていきます。

第1回目のテーマは『ファシリテーターの心得~マインドセット編~』でした。

 

セッション①では、自己紹介とともに、自分にとってファシリテーターとはなにかを考えて発表してもらいました。

誘導役や対話を円滑に進める役割、観光ガイドなどのイメージがありました。

私もそうなのですが、前に立って話し合いを引っ張っていくというイメージを持っている方が多いようでした。

 

セッション②では『お困りごと大相談会』を行いました。

まずは実際に今までファシリテーターや会話をしていく中で困った経験を個人であげてもらいました。

普段の会話の中でも困ったと感じた体験がたくさんあり、様々な「困った」を出していただきました。

次に2~3人でペアを作り、たくさん出していただいた「困った」はどんなものなのか詳しく話を聞き、お互いの一番全体に相談したいものをみんなに紹介し合いました。

そこでは「ワクワクすることへの持って行き方」「意見がまとまらないゴールへの不安」「参加者間の知識の違い」などの準備段階での困った経験、「アイスブレイクを始める時の第一声」「空気を読みすぎて本音を言えない」「アウェイな場に参加した時話しにくい」「あまり話に参加していない人がいる時」などの場づくりでの困った経験、「時間配分とルールと参加者の個別性を配慮すること」「話が予定外の方向性に進む」「運営の意図がうまく伝わらず方向を直すと不自然な流れになってしまう」などの進行についての困った経験があがりました。

そこから2つのグループに分かれて、それぞれの困った経験について、自分だったらどう乗り越えているかなどを話し合いました。

 

最後に今回のOPEN勉強会を通して、自分にとってファシリテーターとは何か、そのために何を意識していきたいかをまとめていただきました。

部活のマネージャーや安心を作る人、アドリブをたくさん持っている人など、話し合いをする人たちの心に寄り添う、一緒に作っていくというイメージを持つようになった方が多かったようです。

 

勉強会では「これが正しい!」といったゴールはありませんでしたが、私自身、今回のセッションを通してたくさんのお話や経験を聞くことができ、これからファシリテーターとして特に大切にしていきたいことを見つけられました。

 

次回のOPEN勉強会は5月28日18:30~です!

第2回のテーマは『良い問いのたて方って?~問い編~』です。

ぜひお待ちしております!!