KOKULABO

KOKULABOとは

“KOKULABO”とは、KOKUBO(国保)+LABORATORY(研究室)をかけあわせた造語です。
KOKULABOは、問題解決や未来への提案を行うためのLearning Communityであり、
地域社会と教育現場との溝を埋めるプラットフォームとして、
地域の新しい未来を発信していくことを目指しています。
学生と社会人が上座のない楕円テーブルを囲み、
フラットな関係で意見を交わすことで、クリエイティブなアイデアを生み出します。

活動

①フューチャーセンター
フューチャーセンターとは、企業、政府、自治体など様々な立場の参加者が集まり、
課題解決やイノベーションの創造といった目的を未来思考で対話を行うための場です。
現在、こうしたフューチャーセンターの活動の輪が静岡で広がっています。
静岡フューチャーセンター・サポーターネットESUNEへ

②個人プロジェクト
国保ゼミ生は、理論を「知る」人から「使える」人になるために、
自らの問題意識を軸にプロジェクトを立ち上げ、
学内外の人を巻き込みながら活動することでリーダーシップを学びます。
これまでに、地域企業と協力し、「茶の和ロール」という静岡のお土産を商品化したり、
地域の人と学生がコラボし地域を活性化させていく「地域コラボプロジェクト」が発足しました。

国保先生

国保先生

経営学博士。
静岡県立大学経営情報学部講師、株式会社ワークシフト研究所所長、育休プチMBA代表。
外資系IT企業での業務変革コンサルティング経験を経て、
慶應ビジネススクールでMBAおよび博士号を取得。
民間企業や行政機関の経営人材育成プログラムの開発および導入に従事し、
Learning Communityを使った意識変革や行動変容を得意分野とする。
慶應義塾大学政策・メディア研究科非常勤講師、
早稲田大学WBS研究センター招聘研究員、上智大学非常勤講師
株式会社ワークシフト研究所

研究所へのアクセス

場  所:静岡県静岡市駿河区谷田52-1
     静岡県立大学 一般教育棟2階 2221
アクセス:JR・静岡鉄道草薙駅から徒歩15分